全国各地区で開催された同期生会の写真等を掲載


by yts-12kisei

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
全般
全国大会
偲ぶ会
地区大会
未分類

メモ帳

竹峰の気まぐれデジカメ散歩へ
(管理者齊藤のメインブログ)

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 07月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 06月
2012年 12月
2012年 07月
2011年 12月
2010年 12月

フォロー中のブログ

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

静岡地区で同期生会を開催(H..
at 2017-10-07 20:55
北海道地区12期生徒有志によ..
at 2017-09-12 22:27
第12期殉職生徒顕彰行事(平..
at 2017-09-12 22:12
熊本地区同期生忘年会(H28..
at 2016-12-20 14:06
平成28年北海道生徒12期生..
at 2016-12-10 22:34

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:全般( 4 )

故神浦元彰君のお見送りに参加して(葛原同期から)

葛原同期生からのメール(原文)を掲載します。
同期生各位
昨日5月8日、近隣の北島、松村、葛原はご家族とともに神浦君のお見送りに行って来ました。
今回は同期代表ということでしたので皆様にその様子を簡単にお伝えしたいと思います。
1030からの最期のお別れに際し、神浦君はそれほど痩せた顔立ちでもなく、眠っているような穏やかな表情でした。
奥様、娘さん、神浦君のお姉さん、弟さんほか、お身内の方々は神浦君への感謝と愛惜の気持ちに溢れ、こんなにも神浦君がご家族、ご親族に愛されていたのかとあらためて人柄が偲ばれました。
1100から出棺、その後、会食となり、我々もそれぞれの思い出をご家族に話すことができ一体感を感じました。火葬後、全員で収骨し故人との約束を果たすことが出来ました。
故人の遺思に沿い少人数の会葬となりましたが、和やかな雰囲気の中で無事にお見送りしましたことを報告させていただきます。
神浦君も当分、家でゆっくりしてからお墓に入るとのことでした。
ご冥福を祈りつつ、合掌…。(葛原和三)

[PR]
by yts-12kisei | 2016-05-10 00:01 | 全般

故神浦元彰同期生の訃報について

12期生徒の皆さんへ
故神浦元彰同期生の訃報についてお知らせいたします
軍事ジャーナリストとして、数々の報道番組に出演、雑誌インタビュー、執筆活動と広範多岐にわたり活躍していました神浦元彰同期生が肝臓がんを患い、昭和大学江東東洲で入院加療中のところご家族の見守るなか、平成28年5月4日10時26分に穏やかに息を引き取りました。故神浦同期生のご冥福を心よりお祈りすると共に遺された奥さん、娘さんにお悔やみ申し上げます。
以上謹んで同期生の皆様へご報告させていただきます。

 
故上浦同期の火葬等の予定
  ①火葬:8日(日)午前10時
  ②「お別れ会」が午前11時から予定されています
  ③「納骨」及び「偲ぶ会」は火葬後に案内予定
  ④斎場:馬込斎場
      住所_千葉県船橋市馬込町1102-1、電話_0120-378-024
  ⑤アクセス:JR船橋駅北口より「鎌ヶ谷大仏」行きバス「馬込斎場前」下車徒歩3分

 なお、首都圏の同期生はじめ火葬に参列出来る同期生の方にはご配慮のほど宜しく
 お願いいたします     同期生会長 稲村孝司
      
[PR]
by yts-12kisei | 2016-05-04 14:20 | 全般

熊本在住12期生徒の熊本地震安否情報(H28年4月19日)

12期生徒の皆さんへ
14日午後9時26分ごろ、熊本県益城町を震源とする最大震度7の強い地震が発生した。揺れの
治まると同時に家の外に着の身着のままで家の外に飛び出し隣近所で安否を確認しあい指定避
難場所や車の中で強い余震におびえながら夜明けを待っていました。誰もが余震が起こることは
予想はしていたものの余震の概念が初めの強震以下だと思い込んでいました。
ところが16日午前1時25分ごろ予想をはるかに上回るエネルギーの震度6強(阪神大震災級の
M7.3)揺れを観測し甚大な被害を受けることになった。この時は家の中に寝ていたがこれは
ダメかと思う揺れを感じ揺れが収まると同時に外に飛び出しみんなで安否を確認しあいま
した。この時の恐怖心はたとえようがありませんでした。
気象庁が、「熊本地震」の前の地震を前震後の地震を本震とするほど予想外の大地震です。
以下、熊本県在住の同期生の安否情報です
上地憲正 木下洋一 春田邦親 福山輝穂 高木孝博 古閑幸則 三浦秀登士 許斐潔 二宮一博
本田賢一 合澤千舟 松岡末廣 中村知満 岩上寛 手嶋泰二郎 芹川一眞  吉田邦裕 夕川泉
稲津幸成 倉田健一 寺本信明 関光 齊藤勝幸 以上23名
それぞれ自宅で屋根瓦が少し落ちたり、少し塀が崩れたり、食器が割れたり少しの被害を受けた
ところもありましたが、同期生は家族共々怪我なく元気に生活しています。
そんな中、木下君の自宅は益城町惣領で震源地に一番近く心配したのですが奇跡的に無傷に近かかったそうです。また次に近い春田君の家の庭には亀裂が走っていたそうで家の下でなく良かったとのことです。
今回の地震で初めて自衛隊の給水支援を受け、飲み水4リットルと2リットルのペットボトルを
頂き本当にありがたかったです。感謝感謝でした。自分が支援を受ける立場になり現職のころの
災害派遣を思い出しました。
同期生の皆様にはご心配をおかけいたしました。今後一日も早く地震が収まることを願って
安否情報とします
                        12期生のブログ管理者 齊藤勝幸から
「クリックすると拡大します」
d0205669_725476.jpg

[PR]
by yts-12kisei | 2016-04-19 23:36 | 全般

平成28年の同期生会の案内

12期生の皆さんあけましておめでとうございます
今年もいい年でありますことを祈念いたします。
今年は例年になく全国的に好天に恵まれ初日の出に手を合わせることが出来たと思います。
私も元旦は5時に起きて大分竹田の実家から阿蘇外輪山_大観峰付近へ撮影に出かけましたが凄い人出でした。皆さんへ初日の出の写真をお届けします。 ブログ管理者_齊藤d0205669_11144465.jpgd0205669_11152019.jpg
クリックしたら拡大します

稲村同期生会長から28年「同期生会」の案内依頼がありましたのでご案内いたします。
  時期:平成28年6月30日(木)午後6時から
  場所:「マホロバ・マインズ三浦」
     京浜急行三浦海岸駅から送迎バスあり、徒歩10分の距離
  翌日:「第12期殉職生徒顕彰行事」に参加予定

[PR]
by yts-12kisei | 2016-01-24 11:00 | 全般